HOME>注目記事>開運印鑑で良い運気を引き寄せる!あなたオリジナルの印鑑を

違いを知らないと恥ずかしい

印鑑は主に、「実印」「銀行印」「認印」があります。あなたはこの違いをご存知ですか?特に、実印と銀行印のことを知っておくと、今後役に立ちますから、まずこの2つの印鑑の違いについて学びましょう。

意外と知らない!実印と銀行印の違い

実印

実印とは、役所で印鑑登録されている印鑑のことで、法的な効力を持ちますから不動産や自動車購入の際に使用します。実印は複数持つことはできません。

銀行印

銀行印は、金融機関で口座開設を行う時に登録する印鑑のことです。実印とは違い、銀行によって印鑑を変えることができるので複数持つことができます。

お店選びはとても大事

占い道具

運気を呼ぶ開運印鑑は、人生でも重要な場面で押すことが多い実印にピッタリですが、その際は開運効果に優れる素材を選ぶのが肝心です。そこで、印材がご祈祷などを受けており、縁起が良い素材で作ってくれるお店を探すと良いでしょう。また、より運気を高めるためにも、自分の名前の画数などをキチンと鑑定してくれる印鑑店を選ぶのが欠かせません。たとえ名前の画数が運気的に好ましくなくても、名前と枠の接点などを調節して吉相に仕上げてくれるお店が数々あるため、そのような業者を選んでおくと安心です。そのほか、開運印鑑を作るなら職人が1本ずつ手彫りで製作してくれる店舗が良く、そのことで2つとない世界でただ1つの実印が手に入ります。

印影の美しさにも拘ろう

手彫りの開運印鑑を発注する時は、一級印章彫刻士など、匠の技を持つ職人が仕上げてくれるお店を選ぶのがポイントです。熟達した職人が作る印鑑は、機械彫りとは一線を画す生き生きとした印影ですから、印を押した時の美しさがひと味もふた味も違います。

鑑定書も選定基準の1つ

信頼性のある開運印鑑を入手するには、鑑定書が付いているに越したことはありませんので、キチンと添付してくれるお店を選ぶのがベターです。ただし何の説明もない鑑定書では意味がないため、名前がどんな相だったか、さらにそれを如何なる方法で吉相に転換したかなど、詳しい鑑定書を発行する業者を選びましょう。

広告募集中